綺麗に染め上げる白髪染めの方法|若々しい髪の毛を保てる

洗髪

若々しい髪質でいるには

頭皮のお手入れは適切なシャンプーの仕方が重要です。丁寧に汚れを洗い流す事が適切な頭皮ケアに繋がります。スカルプマッサージャーを使うとより効果的です。また洗い上がりのスッキリさや髪質ケア、良い香りを持つシャンプーは非常に人気があります。

ディスペンサー

シリコン無配合シャンプー

ノンシリコンシャンプーは、パーマやカラーを長持ちさせ、頭皮や髪の状態をよくします。ふけやかゆみも少なくなります。特に頭皮の皮脂が過剰であるとか、乾燥するという場合にはお勧めですし、頭皮に膜を作らないので、育毛剤の効果が期待できます。また髪の表面にも膜を作らず、トリートメントの浸透がよくなります。

ウーマン

オススメのヘアアイロン

美しさを保つために肌の手入れは重要となりますが、それ以上に女性にとって大切となるのが髪なのです。髪は、パーマやカラーだけでなく、ヘアアイロンによって傷めてしまうことがあります。しかし、アイビルのアイロンは、熱によって、開いてしまったキューティクルを塞ぐ効果があるため、髪を傷めることなくセットすることができます。

全体を美しい色合いに

婦人

髪を溶かすアルカリ成分

白髪とは、頭皮の内部にある色素細胞の働きが悪くなることで、色のない状態で生えてきた髪です。色素がほとんど含まれていない状態なので、白く見えるのです。この白髪を、好みの色に染めることのできる一種のカラーリング剤が白髪染めです。白髪染めには様々な色合いのものがあり、使用することで白髪はもちろん、白髪になっていない髪も、その色に染まります。これにより、全体的にバランスの良い色合いになるのです。ただし白髪染めの多くは、髪を溶かす性質のあるアルカリ成分で作られています。溶けた部分に染料が入ることで染まるという仕組みになっているので、使用後は溶けた分だけ髪が傷みやすくなっています。そのため、保湿効果のあるトリートメントなどを使用して十分に労わることが大事です。

1液と2液の働き

アルカリ成分で作られている白髪染めは、通常は1液と2液とに分かれています。このうち1液に、髪を溶かす成分と染料の両方が含まれています。そのため1液を使用すると、溶けることで髪の表面には小さな穴が多くあきます。そこに染料が入っていくのですが、この段階ではまだ色はついていません。しかも洗い流した場合には、染料が髪から除去されてしまいます。ところが1液の使用後に2液を使用すると、化学反応を起こすことで、1液に含まれていた染料が発色しながら大きくなります。これにより髪に色がつくことになりますし、大きくなった分、髪にあいた小さな穴から出ていくことができなくなります。つまり、その後は洗ったとしても染料が除去されないため、色が残るということです。